すみれ咲いたら

  野に山に可憐に咲くすみれを追いかけています   *すみれ咲いたら 野に出よう 山を歩こう*

2006-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧ヶ峰で(3)

チシオスミレは普通のサクラスミレより少し花期が早いのかな。数株見つけましたが、花は萎れたり虫に喰われたりでずいぶん傷んでいるものばかりでした。

チシオスミレ2

それにしても ‘血潮菫’とは、すごい名前をつけたもんです。葉脈に沿って赤紫の斑が入るということなら、通常は‘アカフサクラスミレ’とするべきところでしょう。それが、血ですよ血、植物なのに葉の葉脈にに血が流れている、と見立てているんですから発想が強烈です。血気盛んな女王様ってことですか~。

続きを読む »

スポンサーサイト

霧ヶ峰で(2)

今年の霧ヶ峰は例年に比べて10日くらい開花が遅れているそうです。いつもならレンゲツツジが見頃らしいのですが、この日はやっと咲き始めといったところ。そのせいか、美しいサクラスミレがまだまだたくさん咲いていて目を楽しませてくれました。

1
ズミの根元に鮮やかなサクラスミレが咲いていました。上弁も側弁も大きく、切れ込みもサクラを思わせてとっても華やかです。今回出会ったなかで一番うれしかったサクラスミレです。まさしくすみれの女王というにふさわしい。うん、納得。

続きを読む »

霧ヶ峰で(1)

梅雨の晴れ間を見つけて霧ヶ峰へすみれ探しに出かけました。霧ヶ峰には何度も行っているのですが、いつもドライブばかりで高原のハイキングコースには足を踏み入れたことがありませんでした。やっぱり歩いてみるもんですね。バスから降り立つと爽やかな風が吹き抜けていきました。真夏のような青空が広がって、間近には八ケ岳の展望、そしてたおやかなうねりを見せる緑の高原。なんて気持ちよい眺めでしょう。思わず深呼吸です。あ~癒される・・・。
歩く予定のコースはだいたい決めてきたのですが、足の向くまま気の向くままあっちへこっちへと、一日たっぷりと散策しました。歩き始めてしばらくして今回の一番のお目当てのシロスミレにご対面です。

1
春のすみれ達と違って周りの植物に埋まるように咲いているので、そのつもりで探さないといけません。美しいシロスミレに出会えてまずは一安心。
 

続きを読む »

清里高原で(4)

咲き残っていたすみれ達です。

ニオイタチツボスミレ
色鮮やかなニオイタチツボスミレが一株残っていました。珍しく背が低いです。あ、また香りを確かめるのを忘れた。

続きを読む »

清里高原で(3)

何カ所かで咲いていたサクラスミレは『すみれの女王』といわれるだけあって、やはり目を惹きます。花も葉も他のすみれに比べものにならないほど大きく、花も独特な濁ったような紫色をしています。3年前初めて出会ったときの感動は今でも忘れられません。

サクラスミレ2
花弁の基部がきゅっと締まったように咲くことと、基部に白い毛が密生していていることで、雌しべの柱頭はみえづらくなっています。そういえば一度も広げて見たことがないですね。今度見てみよう。
 

続きを読む »

清里高原で(2)

みどりが濃くなってきた林床で、はっとするような白が際だっていました。フモトスミレです。今更のフモトスミレという感がありますが、これまでの印象とはずいぶん雰囲気が違って見えて、初めてのすみれに出会ったような新鮮味がありました。そういえば、いままで5回くらい会ったフモトスミレはすべて斑入りだったのです。だから、やっぱりお初すみれだったんですねぇ。

1
小さいながらも花弁が真っ白でまとまりがよくて、見とれてしまう美しさです。

続きを読む »

清里高原で(1)

清里の周辺は、すみれに関しての情報がとても少ない地域です。前からそれが気になっていたのですが、秋に歩いたときは様々なお花が咲いていて、植生が豊かなところという印象がありました。八ヶ岳の景観も素晴らしく、のびのびとした高原が広がるこの辺りにすみれが咲かないわけはないでしょう。まあ、この季節ですから、ひとつやふたつは咲いてるだろう、と当てのないすみれ探しの旅を思い立ちました。
明るく開けた場所でスミレが咲いています。東京では2ケ月前に咲いていたのに。そういえば、山で見るスミレは初めてかも。よ~く見ると何か違う。葉が細くて長いです。お初のホコバスミレでした。

1
葉が細く鉾形です。厚みもあり硬質なかんじがします。翼あり。

続きを読む »

日光で(3)

今回の日光ではミヤマスミレに必ず会えると踏んでいました。この時季に何度か日光でミヤマスミレを見ているから確実なはずです。ところが、期待していた場所ではまだ葉ばかりで花芽がやっと出たところ。花が咲くには、あと1週間から10日くらいかかりそうです。う~ん、今年はずいぶんと春が遅いらしい。
次のフジスミレを探した場所では自生地の見当もつかず。最後の望みをかけて訪れた場所でも、歩けど歩けどミヤマスミレは現れてくれません。この春はツキにツキまくっていたけど、とうとうツキにも見放されたか。友にこの綺麗なすみれを見せてあげたかったけど、ダメか・・・。
遠方に帰らなければならない友には最終リミットのバスの時刻が迫っていました。私は未練がましく花の終わったアオイスミレにカメラを向けながら、もうこれでお終いにしようと自分に言い聞かせていました。すると「ねえ、これ葉っぱがなんか違うよ!」と背後から友の声。エッと立ち上がり、小走りにそちらに向かいながら「その色はタチツボでしょ」と半ば失望ぎみだったのですが・・・。

不思議なミヤマスミレ
えっ、葉っぱが確かにミヤマスミレだ~。でもなに、この花の色は?
 

続きを読む »

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

最近の記事

picked up !

月別アーカイブ

カテゴリー

すみれ検索

プロフィール

イワカガミ

Author:イワカガミ
居住地:東京都
血液型:こだわりのB型

リンク

このブログをリンクに追加する

                    

〔お願い〕 自生地に関する問い合わせはご容赦願います。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。