すみれ咲いたら

  野に山に可憐に咲くすみれを追いかけています   *すみれ咲いたら 野に出よう 山を歩こう*

2007-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏高尾で(4)

エイザンスミレもちょうど開き初めの時季でした。特徴的な葉と大輪の花。咲き出しの頃は葉が小さくてあまり主張しないので、花がより大きく立派に目立ちます。やっぱり会えて嬉しいすみれです。

      エイザンスミレ
開花途中の三姉妹。頬にうっすら紅をさして、なかなかの美人さんです。でもまだ堅い感じ。

続きを読む »

スポンサーサイト

裏高尾で(3)

先週末の雨で林床が潤って、そして月曜日のポカポカ陽気。さあ春本番、とすみれ達は一気につぼみをほころばせたようです。ヒナスミレ、アオイスミレの他にもたくさんのすみれが今まさに開いたばかりといった初々しい表情で迎えてくれました。

     ナガバノスミレサイシン
岩の窪みにちょこんと咲くナガバノスミレサイシン。ここならしっかりと葉を伸ばせますね。出たばかりの葉は葉柄があまり伸びていないので地面に広がるように生えます。週末の風雨のせいか、林床に咲くものは泥で汚れているのも多かったです。

続きを読む »

裏高尾で(2)

高尾山に春を告げるすみれがアオイスミレです。旬は3月初めから終わりくらいまででしょうか。まだ他のすみれが本格的に顔を出す前なので、このすみれだけのために出かけるのは億劫ということもあり、咲いたばかりのきれいな個体をちゃんと観察したことがありませんでした。正直いって、大きく華やかなすみれ達に比べると、アオイスミレは小さくて地味でぱっとしないすみれです。あまり興味をもてなかったというのがほんとのところかな。
 
aoi
四方に広がる丸い葉とほっそりした小さな花。この草姿こそアオイスミレです。
 

続きを読む »

裏高尾で(1)

裏高尾の小下沢のすみれの様子を見に行って来ました。今朝になって急に思い立ってバタバタと出かけたので、お昼過ぎからほんの数時間の散策だったのですが、思いのほかたくさんのすみれ達に会えて、ほくほく気分で帰ってきました。
さてさて、早春のすみれで一番会いたいのはやっぱりこれ、すみれのプリンセス。

hina
むふふ、咲いてましたよヒナスミレ。うれしくて笑みがこぼれます。

続きを読む »

いつもの霊園で

サクラが満開になる頃がいちばんのすみれの見頃なのは判っているのだけれど、もう待ちきれなくて、いつもの霊園に様子を見に行って来ました。

    ヒメスミレ
    小さすぎてつい見過ごしてしまいがちなヒメスミレ。
    そのつもりで目を凝らすと、もうたくさん咲いていました。
 

続きを読む »

路地にコスミレ

タチツボの公園へ向かう途中、ちょっとした路地があって、すぐ行き止まりになるのが見えているんだけど、なんとなく曲がってみることにしました。無駄とも思える寄り道ですが、ちょっとした労を惜しむものではないですね。ちゃんと成果が待っていてくれましたよ。たった一株だけど、コスミレがそっと咲いていたんです。ほ~、このすみれを路地で見るのは初めてだなあ。

コスミレ
薄ピンクに青色がボカシで入ったような花。東京でよく見る感じのカメラ泣かせの微妙な色合いのコスミレです。
 

続きを読む »

いよいよ春です

各地からすみれの便りが届き始めました。さあ待ちわびた春、すみれの季節です。そろそろだなあと思いながらも、なんか腰が重くなってたんですよね、実は。でもきょうは出かける用があったので、都内のある小さな公園を訪ねてみることにしました。ここは江戸時代の大名の庭園跡地ということですが、都心に近いという立地にしてはタチツボスミレがけっこう咲きます。2年前の春に偶然立ち寄ったときに、思いがけなくすみれがたくさん咲いていて、東京でもこんなに・・・、と感激した思い出の場所です。

   タチツボスミレ
   ほほっ、咲いていました~。なによりもうれしい。
 

続きを読む »

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

最近の記事

picked up !

月別アーカイブ

カテゴリー

すみれ検索

プロフィール

イワカガミ

Author:イワカガミ
居住地:東京都
血液型:こだわりのB型

リンク

このブログをリンクに追加する

                    

〔お願い〕 自生地に関する問い合わせはご容赦願います。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。