すみれ咲いたら

  野に山に可憐に咲くすみれを追いかけています   *すみれ咲いたら 野に出よう 山を歩こう*

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イブキスミレ

明るい雑木林にイブキスミレが咲いていました。うわ~、こんなにたくさん。まるで今日に合わせて咲き揃えたみたい。どの花もぴんとして最高の笑顔を見せてくれています。

     3

花はごく淡い紫色です。天気が良すぎて、露出を下げても白飛びした感じになってしまいました。
 
6
初々しい乙女のような・・・。

開きかけ・横顔
開きかけの可愛い顔に似合わず、側弁の基部には毛が密生しています。距は真っ白。

5
この角度で撮ってみるのもなかなかいいですね。

     7

イブキスミレの名の由来となった伊吹山。結婚後すぐに住んでいた岐阜の住まいでは、西向きのキッチンの窓から正面にこの山が見えました。4年半のあいだ、春夏秋冬毎日この山を眺めて暮らすうち、伊吹山は自分にとってとても大事な第二のふるさとみたいな山になっていったのです。幼い子供達を連れてドライブがてら登ったのは、そういえば母親になっての初登頂でした。百名山であることもこの頃は知りもせず。高山植物がいっぱい咲いてたこと、琵琶湖がキラキラ光ってたことが鮮明な記憶です。

8

すみれに興味を持ち始めたころ図鑑でこのイブキスミレの存在を知りました。思い出の伊吹の名を冠したすみれ。気品のある色あいも気に入りました。いつかは見てみたい憧れのすみれナンバーワンとなったのですが、自生地が限られているせいかなかなか出会うチャンスがありませんでした。先シーズン御坂山塊でやっと見つけた数株は、惜しくも虫食いだらけで枯れかけていて、かなり残念な思いをしました。

     4

そしてやっと会えました。想いが伝わったみたい、最高の見頃に巡り会えたのです。あまりたくさん咲いているので、しばらく辺りを見まわしてボーッとしていたかもしれません。目の前で、春のキラキラした陽光を受けて咲くその姿は、図鑑で見たのより何十倍も美しく輝いていました。もう嬉しくて嬉しくて、最高の一日になりました。

1

 
 
 
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

最近の記事

picked up !

月別アーカイブ

カテゴリー

すみれ検索

プロフィール

イワカガミ

Author:イワカガミ
居住地:東京都
血液型:こだわりのB型

リンク

このブログをリンクに追加する

                    

〔お願い〕 自生地に関する問い合わせはご容赦願います。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。