すみれ咲いたら

  野に山に可憐に咲くすみれを追いかけています   *すみれ咲いたら 野に出よう 山を歩こう*

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高尾山のすみれ(2)

すみれ初心者でもぜったい見分けがつくのがこのエイザンスミレです。葉が細かく裂けるすみれは一度見たら間違えることはないですね。色は白いものから紅色のものまでありますが、高尾周辺にはあまり色の濃いものは少ないようです。これは林道の途中で出会った今年最初のエイザンスミレです。ピンクと白のグラデーションが美しいでしょう。

エイザンスミレ

今の時期は葉が小さいのでことさら花が大きく立派に見えます。一丁平ではかなりたくさん咲いていましたが、その中に少し変わったエイザンスミレを見つけました。

少し変わったエイザンスミレ

花びらはふつう波打つような感じがあるのですが、この個体は妙にマットな質感で、蕾みも紅が強くてとても綺麗でした。葉の幅もすこし広めですね。

  -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

マルバスミレは真っ白で丸くてとてもやさしい印象のすみれです。

マルバスミレ

‘マルバ’はもちろん丸葉の意味なのですが、実際の葉は卵形のほうが多く、中にはかなり長い卵形のものもあります。むしろ「丸花スミレ」としたほうが憶えやすいのではないかしら。

20060419000835.jpg

今回はいろんな場所で見つけたわりには満足のいく写真がありません。本当のマルバスミレはもっともっと愛らしくてかっわいい~んですけどねー。

  -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

ここにヒナスミレを加えれば‘すみれ美人三姉妹’揃い踏み。

ヒナスミレ

愛らしい薄桃色のヒナスミレは‘すみれのプリンセス’といわれます。このすみれがいちばん好きというファンが多いみたいですよ。今回も一番会いたかったすみれです。側弁の独特な開き方というか、花の表情がわたしは好き。

大株のヒナスミレ

登山道からちょっと横道にそれた薄暗い杉林の下で大株のヒナスミレがぽつんと咲いていました。ほかのとは比べものにならないくらい全体的に大きくて、花の色も濃かったです。葉には薄く斑が入っていますね。ただ、ヒナスミレはもうすこしふっくらと柔らかい印象のものがいちばんそれらしいと私は思うのです。高尾山には硬質なかんじの花が多いような気がします。プリンセスもまだ幼いのかもしれないな。
 
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

最近の記事

picked up !

月別アーカイブ

カテゴリー

すみれ検索

プロフィール

イワカガミ

Author:イワカガミ
居住地:東京都
血液型:こだわりのB型

リンク

このブログをリンクに追加する

                    

〔お願い〕 自生地に関する問い合わせはご容赦願います。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。