すみれ咲いたら

  野に山に可憐に咲くすみれを追いかけています   *すみれ咲いたら 野に出よう 山を歩こう*

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高尾山のすみれ(3)

林道を登っていくとハッと目を惹くすみれが。近づいて葉を触ってみて、ああキミのほうだったのね、と声をかけました。オカスミレです。

オカスミレ

すみれ色といったら誰もが連想するのがこの色ですね。一方、姿かたちは同じなのに違う名前のすみれがあります。次のアカネスミレです。茜色のアカネです。

アカネスミレ

両者の見分け方は簡単。葉や茎がまったく無毛なのがオカスミレで、全体的に毛が多く葉や茎が白っぽく見えるのがアカネスミレです。場所によってはどちらかしかないことが多いのですが、この林道では両方混生しています。ここでは比較的オカスミレのほうが多いように思います。

  -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

このナガバノスミレサイシンも高尾では数多く見ることが出来ます。ちょっと湿った場所に多いすみれです。

ナガバノスミレサイシン

<特徴はなんといってもこの長く柔らかそうな葉ですね。葉の裏は紫がかっています。花弁は少し厚みがあって窪んだ筋が何本も入っているように見えます。

シロバナナガバノスミレサイシン

白花はシロバナナガバノスミレサイシンといいます。距(うしろに突き出た部分)も白いです。このように距が短くつぶれた袋状になっているのもこの仲間の特徴です。それにしても長い名前ですね。
 
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

最近の記事

picked up !

月別アーカイブ

カテゴリー

すみれ検索

プロフィール

イワカガミ

Author:イワカガミ
居住地:東京都
血液型:こだわりのB型

リンク

このブログをリンクに追加する

                    

〔お願い〕 自生地に関する問い合わせはご容赦願います。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。