すみれ咲いたら

  野に山に可憐に咲くすみれを追いかけています   *すみれ咲いたら 野に出よう 山を歩こう*

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟で(4)

雪国すみれ三姉妹を紹介しましょう。主に日本海側の多雪地帯に分布する代表的なすみれ達です。

まずはスミレサイシン。群馬県の北部で期せずして初めて出会ったときは、その花の大きさに感心しました。全体のほわっとした柔らかい雰囲気がいいなあと、それ以来お気に入りのすみれです。

スミレサイシン
私のカメラでは色が不満なのですが、うす紫から白へのボカシがとても美しく、大きく柔らかそうな葉とよくマッチしています。性質はあまり陽があたらないジメッとしたところが好きなようです。
 
花の色が濃い個体
これは特に花の色が濃く目立っていました。白花を見たかったのですが今回は叶わず。

  -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

オオバキスミレは低山でも見られる黄色いすみれです。根茎で増えるので大きな群落になって咲くことが多く、この季節は遠くからでも目を惹きます。

オオバキスミレ
花は唇弁がこぢんまりとしています。黒い筋の濃淡や入り方で印象がずいぶん違ってくるすみれだと思います。

オオバキスミレ
まだ会ったことがない頃 ‘一番下の茎葉は離れてつく’という説明がピンとこなかったのですが、これだけはっきり見えれば納得です。

  -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

オオタチツボスミレ。名前のとおり、タチツボスミレよりやや大きめな花をつけます。花色もタチツボスミレより少しピンクがかっていてシックです。でも葉の分量が多いので、やっぱりあまり目立つほうではないかもしれません。

オオタチツボスミレ
見分けるポイントはなんといっても白い距なのですが、タチツボスミレの距が白いヤツに何度か騙されそうになったことがありましたっけ。

蕾みの裏側に注目
おとなしそうなのに、おしゃれな一面を発見。開きかけの蕾みの裏側に、こんなに華やかな紅の筋が入っていました。

スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

最近の記事

picked up !

月別アーカイブ

カテゴリー

すみれ検索

プロフィール

イワカガミ

Author:イワカガミ
居住地:東京都
血液型:こだわりのB型

リンク

このブログをリンクに追加する

                    

〔お願い〕 自生地に関する問い合わせはご容赦願います。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。