すみれ咲いたら

  野に山に可憐に咲くすみれを追いかけています   *すみれ咲いたら 野に出よう 山を歩こう*

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨のすみれ探索行(2)

山に来て雨はつらいです。視界が悪いし足元もぐちゃぐちゃ。ヒザをついての観察で雨具もドロドロ。なんといっても困るのは、お目当てのすみれを見つけても撮影が思うようにならないこと。カメラを濡らせば一発で撮影不能ですから、傘を差したり身体で覆うようにして何とか頑張ってみますが、苦心の画像も妙にコントラストが強くてやっぱりヘンです。でもまあ、考えようによっては、雨に濡れたすみれ画像はとっても貴重じゃないですか~。図鑑では絶対にお目にかかれませんから~。
くどくどとヘボ画像の言い訳をしてしまいましたが、雨で思うようにならなくても、すみれに会えるのはやっぱり嬉しいものです。今回シコクスミレに関しては、まあ少しは見られるのでは位の期待度だったのですが、コースにほぼ途切れることなく咲いていてくれて驚きました。これまで観察したものでは手を広げた位の小さな群落が最大だったので、これはもうびっくり、嬉しい誤算でした。このすみれがいかに周りの植生と密に関係しているか、充分に納得させられて歩いた一日でした。

最初の花
最初に出会ったシコクスミレ。風があたる場所なのでお辞儀をしています。「雨なのに会いに来てくれてありがとう」 たぶんそう言ってくれているんだよね。
   
三弁花だっけ?
シコクスミレは三弁花です・・・なわけはない。雨で上弁と側弁がくっついて、みんなこんな表情になってました。実はこのすみれも、こんなに小さかったっけ・・・でした。う~ん、もうちょっと立派だったような憶えが・・・。

斜面の群生
斜面にびっしり。地下茎でふえるので大きな群落になるようです。

花アップ・横顔・葉うら
花: 側弁の基部にわずかに毛があります。すじの紫色がきれい。花びらは薄い感じ。
横顔: 距は丸く短い。萼片の付属体に切れ込みがある。ちょっとわかりづらいかな。
葉うら: 下段は2枚とも葉の裏です。図鑑では淡緑色とあるが、紫色のものもあった。

雨水をためる葉っぱ
葉っぱにたくさん雨水が溜まっています。凹凸感といい、はっきりした縁取りといい、端正な姿の葉が好きでしたが、雨に濡れてことさらその美しさが際だっています。

後ろ姿
後ろ姿を失礼! 花茎の色もシックだなぁ。

四角い印象 シコクスミレ
雨が小康状態になり、やっときちんと花が開いたシコクスミレに出会えました。なるほど‘四角いスミレ’ですね。

群生してます
こんなふうに林床が葉で埋めつくされています。花はびっしりというわけにはいかないようですね。

2年前に会ったシコクスミレ
最後に、乾いているのをひとつ。これは2年前に出会ったシコクスミレです。
‘凛々しい’という形容詞がピッタリだと思いませんか。これを見ていっぺんにシコクスミレのファンになってしまったのでした。
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

最近の記事

picked up !

月別アーカイブ

カテゴリー

すみれ検索

プロフィール

イワカガミ

Author:イワカガミ
居住地:東京都
血液型:こだわりのB型

リンク

このブログをリンクに追加する

                    

〔お願い〕 自生地に関する問い合わせはご容赦願います。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。