すみれ咲いたら

  野に山に可憐に咲くすみれを追いかけています   *すみれ咲いたら 野に出よう 山を歩こう*

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田駒ヶ岳で(2)

タカネスミレの群生は想像以上に素晴らしいものでした。記事にするのに写真を見返しては、また感動が蘇ります。秋田駒のすみれはタカネスミレの報告でもう終わったようなもの。あの群生を見てしまっては、あとのすみれはオマケみたいなもので、ちっとも力が入りません。今の自分は抜け殻状態といっても過言ではないかもしれない。今シーズン、すみれはもうこれで充分といった気分です。でも、やっぱり報告はきちんとしないといけませんね。さあ、がんばろう。
黄色いすみれがあと2種と他のすみれが2種あります。黄色いのが続くのは目にも良くないし、だいいち自分も少々食傷気味。そこであれこれ考えた末、今回出会ったお花達を、景色を交えて紹介していくことにしました。
秋田駒ヶ岳は、火山による複雑な地形のため実に植生が豊かで、さまざまな花が色とりどりに咲き乱れます。「花の山」とも形容されるほどに、スケールの大きな花の宝庫であるわけです。最盛期は例年7月中旬頃とのことですが、私たちが訪れた時も期待以上のたくさんの花が出迎えてくれました。
まずは、八合目登山口から焼森を通って横岳まで。

*マウスのポインターを写真にのせると、お花の名前がカタカナで表示されます。

ハクサンチドリ
白山千鳥 ラン科ハクサンチドリ属
バスを降りると目の前にもうハクサンチドリが咲いています。こんなに高いところまで運んでくれるバスはありがたい。この個体は薄紫色が美しいですね。
  
八合目登山口付近から
(クリックで拡大)
快晴です。はるばる遠征してきてこんなに嬉しいことはありません。今日一日の花三昧に期待が高まります。さあ、出発! 左が最高峰の女目岳。

アカモノ
赤物 別名イワハゼ ツツジ科シラタマノキ属
赤い果実を‘赤桃’と称したのが訛ってアカモノになったそうです。
こんなに毛深かかったんだ~。でも可愛い。

ヒロハユキザサ
広葉雪笹 ユリ科ユキザサ属
雌雄異株だそうですが、これはどっちだろう?

ツーショット
岩鏡 イワウメ科イワカガミ属
端取草 サクラソウ科ツマトリソウ属

イワカガミとツマトリソウ。あれ、このツマトリソウ6弁だ(普通は7弁が多い)。
素敵なツーショットでしょう。ちなみに私のパートナーは・・・。

コミヤマハンショウヅル
小深山半鐘蔓 キンポウゲ科センニンソウ属
夏の光線には似合わない色とかたち。なんとも不気味な雰囲気を醸し出しています。
ちゃんと開かないのかな? 曇った夕方に出会ったらちょっと怖いかも。

エゾノヨツバムグラ
蝦夷の四葉葎 アカネ科ヤエムグラ属
気づかずに通り過ぎてしまいそうなほど、小さくて目立たない花です。
東北までやって来ると‘エゾ’の形容詞が現実味を帯びてくるような気がする。

オオバスノキ
大葉酢の木 ツツジ科スノキ属
これちょっと自信ないんですけど。
花冠の縁のくるりんとしたところが可愛いですね。

ハクサンシャクナゲ
(クリックで拡大)
白山石楠花 ツツジ科ツツジ属
大きな花姿は山中にぼんぼりを灯したようです。ここのはピンクがかって殊更美しい。

ツルツゲ
蔓黄楊 モチノキ科モチノキ属
葉は常緑だそうです。図鑑に‘雌花は葉腋に単生、雄花は1~5個ずつ集まってつく’とありますが、よくわからない・・。

ムシカリ
(クリックで拡大)
ムシカリ 別名オオカメノキ スイカズラ科ガマズミ属 
葉がよく虫に食われるので「虫食われ」から転訛したという説があるとか。この葉を見れば納得ですね。美味しい味がするのかな。上の方、葉脈しか残ってない。

シラネアオイ
白根葵 シラネアオイ科シラネアオイ属
1科1属1種の日本特産種。名前の由来となった日光白根山で初めて出会った花は、電気柵で守られた復元のために植えられたものでした。
赤倉沢源流部に雪解けを待って咲いていた花はやっぱり違う。

サンカヨウ
(クリックで拡大)
山荷葉 メギ科サンカヨウ属
長いこと山歩きをしながらも、なかなか旬の花に出会えないでいました。
切れ込みの入った大きな葉の立ち姿と白い花が清々しい。

焼森から1
(クリックで拡大)
北側の眺め。気持ちの良さそうなゆるやかな道が続いています。
右の大きいのが岩手山。中央尖ったのが乳頭山。左手奥は八幡平。

焼森のピーク
(クリックで拡大)
こちらは南側の眺め。和賀岳方面。

コケモモ
苔桃 ツツジ科スノキ属
小さな花です。花の濃淡は様々。夏の終わりに赤い実が生ります。

ベニバナイチゴ
紅花苺 バラ科イチゴ属
夏山の最盛期には花はほとんど終わっています。ちょうど今が旬、きれいな花にたくさん出会えました。実はちょっとグロテスクなんですって。

コラボ
(クリックで拡大)
深山大根草 バラ科ダイコンソウ属
白山千鳥 ラン科ハクサンチドリ属

黄色と濃いピンク、ああ夏山だな~の風景。
ミヤマダイコンソウの葉がきれい。

ミヤマキンバイ
深山金梅 バラ科キジムシロ属
あちこちで群生。黄色の輝きはガスっていても周りを明るくしてくれます。

横岳から1
(クリックで拡大)
手を伸ばせば届きそうなほど、すぐそこに女目岳と阿弥陀池。
まだ朝早いので人影がありません。横岳より。

横岳から2
(クリックで拡大)
横岳山頂より、歩いてきた道を振り返って。
早くも霞んできたなあ。
 
 
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

最近の記事

picked up !

月別アーカイブ

カテゴリー

すみれ検索

プロフィール

イワカガミ

Author:イワカガミ
居住地:東京都
血液型:こだわりのB型

リンク

このブログをリンクに追加する

                    

〔お願い〕 自生地に関する問い合わせはご容赦願います。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。