すみれ咲いたら

  野に山に可憐に咲くすみれを追いかけています   *すみれ咲いたら 野に出よう 山を歩こう*

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八幡平で(2)

盛岡から乗ったバスは、岩手山の裾の温泉場を巡りながら樹海ライン経由で八幡平へと向かっていきます。山岳道路沿いには水芭蕉の咲く小さな湿原が点在しています。
オオバキスミレの群落も車窓越しにたくさん見えました。
すごいな~、いっぱい咲いてるじゃない!

オオバキスミレ
ところが、張り切って歩き始めた八幡平では、結局一カ所でのみ見つけただけでした。
陽の当たらない山中では、まだやっと咲き始めのようです。

ミヤマスミレは今を盛りと小群落があちこちに。
この鮮やかな一団に出逢ったとき、ハッとさせられるのは私だけじゃないでしょう。
ミヤマスミレの美しい紫紅色は、このすみれ特有のもの。

ミヤマスミレ
日の光を浴びると、一段と美しいです。
そしてその艶やかさを際だたせているのが

葉
(クリックで拡大)
この明るい緑色の柔らかそうな丸い葉です。

花いろいろ
左上:雨に打たれたのか、花弁の文様が浮き出ています。
右上:堂々の上弁3枚。東北は変わり者が多い?
下段:両方の距を比べてみると、右のはなんだかぼこっとしている。

タチツボスミレ

タチツボスミレが数株だけ残っていました。ミヤマスミレの紫紅色を見慣れた目には、この薄紫色が何やらとてもゆかしく懐かしく見えるものです。
花柄に毛があるので、正しくはケタチツボスミレというべきかな。
 
 
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

最近の記事

picked up !

月別アーカイブ

カテゴリー

すみれ検索

プロフィール

イワカガミ

Author:イワカガミ
居住地:東京都
血液型:こだわりのB型

リンク

このブログをリンクに追加する

                    

〔お願い〕 自生地に関する問い合わせはご容赦願います。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。