すみれ咲いたら

  野に山に可憐に咲くすみれを追いかけています   *すみれ咲いたら 野に出よう 山を歩こう*

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出編:光りを透かして

今シーズン撮った画像を改めて見てみると、逆光で撮ったすみれの画像が何枚かありました。どのすみれも花びらが美しく輝いて、きらきらの表情がとても新鮮です。

タチツボスミレ
陽の光を通して輝くタチツボスミレ。
逆光にすみれが浮かび上がっているようです。
 
タカネスミレ
ときめきの初対面はきらめいて。いちばん最初に写したタカネスミレです。
焼森では、北向きに開けた斜面を見上げるようなかたちになるので、こんなふうに逆光になりました。

アップはこちら
タカネスミレ
(クリックで拡大)

タカネスミレの葉
タカネスミレの葉。光りを透かして葉脈がはっきりと浮き出て見えます。
逆光の葉もなかなか美しいです。

アケボノスミレ
アケボノスミレは花弁が厚くしっかりとした印象がありますが、ちゃんと光りを透過して、花弁の細かい窪みが浮き上がっています。(これのみ先シーズンの画像)

シロバナエゾスミレ
花びらと花びらの重なる部分の影を見ても、エイザンスミレの花びらがいかに薄く繊細であるかがわかります。

アカフタチツボスミレ
タチツボのうす紫色はなかなかうまく再現できないんですが、逆光のおかげで良い感じに色が出ています。

スミレ
マンジュリカは、どのすみれより赤の強い紫色なんですね。

コスミレ
3月25日の16時30分の撮影でした。かなり日が傾いている時刻です。

私は写真の撮影に関しては全く知識が無く、光りをうまく利用して被写体をとらえようなんてことには考えが及びません。咲いているすみれに向けてシャッターを切るだけ。ですからこれらはすべて偶然の産物です。でも、こんなに活き活きとした華やかな表情を見せてもらえるんですから、これからは意識して逆光を取り入れてすみれを撮ってみようと思います。
 
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

最近の記事

picked up !

月別アーカイブ

カテゴリー

すみれ検索

プロフィール

イワカガミ

Author:イワカガミ
居住地:東京都
血液型:こだわりのB型

リンク

このブログをリンクに追加する

                    

〔お願い〕 自生地に関する問い合わせはご容赦願います。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。