すみれ咲いたら

  野に山に可憐に咲くすみれを追いかけています   *すみれ咲いたら 野に出よう 山を歩こう*

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路地にコスミレ

タチツボの公園へ向かう途中、ちょっとした路地があって、すぐ行き止まりになるのが見えているんだけど、なんとなく曲がってみることにしました。無駄とも思える寄り道ですが、ちょっとした労を惜しむものではないですね。ちゃんと成果が待っていてくれましたよ。たった一株だけど、コスミレがそっと咲いていたんです。ほ~、このすみれを路地で見るのは初めてだなあ。

コスミレ
薄ピンクに青色がボカシで入ったような花。東京でよく見る感じのカメラ泣かせの微妙な色合いのコスミレです。
 
コスミレ
距がすこし下がり気味なところが、このすみれの特徴だと思います。

よ~く観察してみると、このコスミレ、少し変わり者のようです。
何が変わっているかというと・・・

側弁に毛
側弁の基部に毛があります。東日本では無毛型、西日本では有毛型が多いとか。
でもこのへんではわりと見かけます。いつも行く霊園のコスミレも実はこのタイプです。
ヒゲコスミレという品種名があるんですね。

花柄にも微毛
花柄にも微毛が見えますね。
いままで観察していたコスミレはいったいどうだったんだろう。
こんなところまで見ていませんでしたが。

コスミレ
どうやって撮っても一株は一株なんですけど(笑)
葉はまだ出たばかりで、ごくごく小さいようです。
それにしても、どうしてこんな場所に種が運ばれて来たんだろう?

ここでもう咲いているならと、去年見つけておいた家から自転車圏内のコスミレのポイントの様子を偵察に出かけました。あるお寺の境内です。

コスミレ
午後の陽ざしをいっぱい浴びて、数株のコスミレが花をつけていました。

コスミレ
路地のコスミレとは少し雰囲気が違って、花はピンクがかった薄紫色です。

側弁は毛がない
側弁には毛がありません。

花柄には微毛あり
花柄には、ほんの少し毛があるようです。

コスミレ
葉の下に隠れるように咲いている花も。
びっくりするほどの葉の大きさ、これはどうみても越冬葉かしらね。
この画像がいちばんよく花の色を再現できてると思います。

コスミレ
花と葉のバランスがけっこう良いすみれですね。

出会う場所ごとに印象がガラッと変わるコスミレ。次に会うときはどんな表情を見せてくれるのか、楽しみです。
 
 
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

最近の記事

picked up !

月別アーカイブ

カテゴリー

すみれ検索

プロフィール

イワカガミ

Author:イワカガミ
居住地:東京都
血液型:こだわりのB型

リンク

このブログをリンクに追加する

                    

〔お願い〕 自生地に関する問い合わせはご容赦願います。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。