すみれ咲いたら

  野に山に可憐に咲くすみれを追いかけています   *すみれ咲いたら 野に出よう 山を歩こう*

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山のすみれたち(1)

北関東の里山に出かけてきました。一番の目的はこの小さな小さなすみれ。会えることさえ確実ではなかったのに、こんな可愛い薄色のシハイスミレが待っていてくれました。

シハイスミレ

以前に東京で初めて見た紅紫色のシハイスミレとはずいぶん印象が異なります。それにしてもほんとに小さいです。こんなもんだったかなあ。ネット上にはついつい実物よりも大きくすみれを載せてしまいがち。そのせいか記憶の中ではもう少し大きいすみれだったような・・・。実物はもっともっと小さいです。1cmちょっとくらい。
 
     シハイスミレ
     かなり白っぽいですが、真っ白のはありませんでした。

        シハイスミレ
        上の個体を横から(クリックで拡大)

シハイスミレ
花弁の裏のほうが色が濃い。蕾みを見ると、こんな薄い色の花になるとは思えない。

     シハイスミレ
     細く長い距も特徴のひとつです。この個体は距も薄ピンク色。

シハイスミレ
葉の裏が紫色であることが『紫背菫』の名の由来。薄色の花のせいか、あまり濃い紫ではない。

     シハイスミレ
     マキノスミレのように細い葉をピンと立てているのもあった。距は白。

シハイスミレ
私にはお馴染みの色のシハイスミレ。

シハイスミレ
まだ葉も小さく花柄もあまり伸びていません。

シハイスミレ
やはり花弁の裏のほうが色が濃いです。花はせいぜい2~3個でちょっと淋しい。

シハイスミレ
花の色が濃くなると、茎も赤が濃くなってきます。

シハイスミレ
こんなに紅の濃い花もありました。これはまだ葉も開ききっていませんね。

時期的に早かったのでしょうか。もう少し花付きの良いのに会いたかったなあ、というのはゼイタクというもんですね。とにかくシハイスミレとの2回目の出会い、想いが果たせました。
 
 

スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

最近の記事

picked up !

月別アーカイブ

カテゴリー

すみれ検索

プロフィール

イワカガミ

Author:イワカガミ
居住地:東京都
血液型:こだわりのB型

リンク

このブログをリンクに追加する

                    

〔お願い〕 自生地に関する問い合わせはご容赦願います。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。