すみれ咲いたら

  野に山に可憐に咲くすみれを追いかけています   *すみれ咲いたら 野に出よう 山を歩こう*

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山のすみれたち(3)

太陽光がいかにすみれの持つ真の色を自然に引き出してくれるか。逆に証明するような冴えない色が続きますが。

ニオイタチツボスミレ
ニオイタチツボスミレ。葉が小さくて、これも頭でっかちの可愛い姿です。陽に当たると、なんと表現したらよいのか素敵な香りがするのですが、曇って寒い日には顔を近づけてもダメ。
 
     ニオイタチツボスミレ
     この蕾み、金魚みたいでかわいい。

     ニオイタチツボスミレ
この株はよく育っています。翌日にはきっと大きな丸い顔が見れますね。濃い赤紫色は光の中でひときわ華やかに輝いて目立ちます。


     ニョイスミレ
もう少し春が進むと、葉の分量が多くなって花の印象が薄くなってしまうニョイスミレですが、出始めの今は胸を張って存在感をアピールしています。


ヒナスミレが雑木林の枯れ葉の中からくさん顔を出していました。

ヒナスミレ
これも誇大表示です(笑)ちっちゃいちっちゃいお雛さまでした。ほんのり桃色がすてき。

     ヒナスミレ
     すごく明るいところはあまり好きではないんですよね。

     ヒナスミレ
     蕾みのほうが多かったので、今頃は花盛りなんだろうなあ。
     
この里山がすみれの花でいっぱいになるのはもう少し先のようですね。時季はまあ早かったけど、いつもは見ることのない早春ならではの初々しいすみれ達の姿をたくさん観察できて、楽しい一日でした。
 
 
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

最近の記事

picked up !

月別アーカイブ

カテゴリー

すみれ検索

プロフィール

イワカガミ

Author:イワカガミ
居住地:東京都
血液型:こだわりのB型

リンク

このブログをリンクに追加する

                    

〔お願い〕 自生地に関する問い合わせはご容赦願います。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。