すみれ咲いたら

  野に山に可憐に咲くすみれを追いかけています   *すみれ咲いたら 野に出よう 山を歩こう*

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨で(3)

エゾアオイスミレにも会えたことで大満足、あとは山を下りるだけ。ところが、走る車の窓から大きな薄紫の固まりが見えました。「止めて~~!」咄嗟に叫ぶわたし。

     すみれの大株

まるで、すみれのブーケを側溝の上の斜面にそっと置いてあるような。思いがけない立派なすみれの大株を前に、頭の中が混乱しています。
いったいこのすみれの正体は・・・?
 

   まあとにかく、どんなに大きかったか
   臨場感を味わってください。(クリックで拡大)
     ブーケのような
 
とにかく花が大きいのです。タチツボ?違う・・。じゃあ、イブキか?・・・うーん、ちょっと違う感じ。さっき見てきたエゾアオイにも雰囲気が似ている・・。
で、細部の検証です。 

細部アップ
指と比べても花の大きさがわかりますよね。
花の側弁の内側には毛が無い。花柱の先がカギ状に曲がっている。
丸みのある萼片と太くずんぐりの距。
葉は丸みを帯びた円心形。葉の縁と裏に毛がわずかに生える。

アオイスミレですよね?
すっきりくっきり開いている花もありますね。

何のことはことはない。アオイスミレの特徴そのままじゃないですか。でも、花付きの良さといい、大きい花がすっくと立ち上がっている様といい、葉の豪快さといい、何もかもがスケール大きいんです。いままで高尾や他の地域で見てきたアオイスミレは、まずは花が小さかった。小さめの花が控えめに咲くというのがアオイスミレの最大の特徴ではなかったでしょうか。
恐るべし、山梨のアオイスミレ。さすが風林火山だ!(何のこっちゃ)


     アオイスミレ
すぐ横に、白いアオイスミレも咲いていました。真っ白といいたいところですが、花の縁がほんのわずか青紫を帯びています。この花もかなり大きい。

アオイスミレ
形態的には、すぐアオイスミレと認識できるものでした。

アオイスミレ
左のアオイスミレ、笑わせるなぁ。なに考えているんでしょうねー。

今回の山梨では、とびきり可愛いのや、愉快な表情のや、そして花手鞠のように花をつけたものなど、ユニークなすみれにたくさん会うことができました。おまけにラストは満開の桃の花です。この時期に何度か桃目当てに来ているのですが、こんなに濃い綺麗な桃色に染まる甲府盆地を眺めたのは初めてでした。その美しさはまさしく桃源郷。感動、また感動でした。
 
 

スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

最近の記事

picked up !

月別アーカイブ

カテゴリー

すみれ検索

プロフィール

イワカガミ

Author:イワカガミ
居住地:東京都
血液型:こだわりのB型

リンク

このブログをリンクに追加する

                    

〔お願い〕 自生地に関する問い合わせはご容赦願います。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。